FX取引通貨の特徴

FX比較-TOP >> FX取引通貨の特徴-南アフリカランド(ZAR)

FX取引通貨、南アフリカランドの特徴

FX-南アフリカランド

南アフリカ共和国  (Republic of South Africa)

南アフリカランド面積面積:約982.6万K㎡
南アフリカランド人口人口:3億0113万9947人(2008年)
南アフリカランド首都首都:ケープタウン(Cape Town)
南アフリカランド主要産業主要産業:工業(全般)、農業(小麦、トウモロコシ、大豆、木材など)、金融保険不動産業、サービス業
南アフリカランドGDPGDP(国内総生産):2,771億ドル(2008年)
南アフリカランドGNIGNI(国民総所得):約ドル(2006年)
南アフリカランド通貨単位通貨単位:ランド、Rand (ZAR)

スワップ派に人気の通貨!その理由とは?

南アフリカランド(ZAR)は高金利通貨として、FX初心者やスワップ派に人気です。

南アフリカランドはFXだけでなく、債券の人気も高く、高金利であることからスワップ派御用達の通貨ですが、非常に値動きが激しいのが特徴です。

その為、中・長期保有する場合は注意することが必要です。ただし、高金利通貨ということもあり、買いタイミング次第では、長期保有で高金利スワップを受け取ることができます。


南アフリカランドの主な特徴

①高金利通貨、分散投資の観点から南アランド建て債に興味をもっている人が多い。
②金、プラチナ、ダイアモンドなど世界有数の資源産出国、特に金の埋蔵量世界第一位クラスであることから、コモディティ通貨としての面がある。
③1991年にアパルトヘイト(人種隔離政策)が完全に廃止されましたが、国内情勢が安定しているとはいえず、カントリーリスクドル/円は、円独自の要因にも大きく左右される。
④2010年に開催されるFIFAワールドカップがあります。 そのため開発が進み、経済も安定化傾向にあり、ランドは対ドルにおいて上昇傾向にありますが、経済状況の不安定さが浮き彫りになっているのも事実です。