FX取引通貨の特徴

FX比較-TOP >> FX取引通貨の特徴-アメリカドル(USD)

FX取引通貨、米ドルの特徴

米ドル

アメリカ合衆国  (United States of America)

米ドル面積面積:約937.2万K㎡
米ドル人口人口:約3億1465万9000人(2008年)
米ドル首都首都:ワシントンD.C.(Washington D.C.)
米ドル主要産業主要産業:工業(全般)、農業(小麦、トウモロコシ、大豆、木材など)、金融保険不動産業、サービス業
米ドルGDPGDP(国内総生産):14兆2,646億ドル(2008年)
米ドルGNIGNI(国民総所得):約13兆4,460億ドル(2006年)
米ドル通貨単位通貨単位:アメリカドル、US Dollar (USD)

世界の基軸通貨『米ドル』!その理由とは?

米ドルの値動きは、ほとんどすべての通貨に影響を与えます。理由は米ドルが、世界の基軸通貨だからです。 そもそも通貨の価値は、それぞれの国の国力を表しており、 米ドルが基軸通貨となっているのは、その圧倒的な国力にある。なんと米国のGDPは世界のGDPの3分の1を占めており、その大きさ故に世界の基軸通貨へと繋がっている。
しかし、サブプライムローン問題に端を発した米国発信の世界同時不況により、米ドルは基軸通貨としての信頼をそこなってきており、今後、米ドルが基軸通貨としての信頼を取り戻せるかが世界の注目の的であるの事は間違いない。

日本政府の市場介入の場面は要注意!?

ドル/円は、円独自の要因にも大きく左右される。たとえば、日本は長らく超低金利政策(ゼロ金利政策)をとっているが、これにより多通貨との金利差が大きくなり、円売りの材料となる。数千兆円ともいわれる日本の個人金融資産が、日本国内の市場だけではなく、海外市場や外国通貨の投資へ向かう事にも繋がってしまう。日本は国内需要より国外への輸出依存が多く、円高に対する根強い懸念があるため、日本政府が円高を阻止する目的で、過去に日本銀行を通じて為替市場に介入するという、通貨当局による操作が行われてきた。外国為替市場の大きさを考えれば、日本政府の介入だけで長期的は流れを大きく変えるということは難しいが、政府介入の場面では瞬間的に大きく為替レートが変動するので、注意が必要である。

また逆に個人投資家の中には、この場面を利用し大きな利益を得ようとしている投資家もいるが、初心者個人投資家の方にはリスクが大きいため、ロスカットされてしまう可能性もあるので、注意が必要です。