FX取引通貨の特徴

FX比較-TOP >> FX取引通貨の特徴-カナダドル(CAD)

FX取引通貨、カナダドルの特徴

カナダ

カナダ  (Canada)

カナダ面積面積:約998.4万K㎡
カナダ人口人口:3億3,573万人(2008)
カナダ首都首都:オタワ(City of Ottawa)
カナダ主要産業主要産業:工業(全般)、農業(小麦、トウモロコシ、大豆、木材など)、金融保険不動産業、サービス業
カナダGDPGDP(国内総生産):1兆5,109億ドル(2008年)
カナダGNIGNI(国民総所得):ドル(2006年)
カナダ通貨単位通貨単位:カナダドル、Canadian dollar (CAD)

資源豊富な『カナダ』。カナダドルは資源国通貨!?

カナダの主要産業は、金融業、製造業ですが、ウラン、金、原油といった鉱物資源に恵まれています。そのため、カナダドルも資源通貨と呼ばれている
またカナダは、先進7カ国の中で珍しい原油のネット輸出国であるカナダの通貨は原油が先行役を務めている。もちろん、機関投資家をはじめとするヘッジャーがCMEに上場しているカナダドル通貨先物をどのように売買しているか分析することは重要であるが、それよりも原油と金のトレンドにも注意を払う必要がある。その為価格の高騰は、カナダドルにとってプラスの要因となるものの、カナダドル/円への影響も大きく、原油価格が大幅な下落になると売り気配が一気に高まる可能性は否定できません。

米国経済指標が悪化した場面は要注意!?

カナダドルの相場は、プライスメーカーがカナダ系の銀行であることや米国経済との連動性が高いことから、ニューヨーク時間に値動きが活発化します。日本時間では夜にかけて相場がよく動くということです。

米国経済との連動性は、好調なカナダの製造業へ米ドル資本が多く流れていることが直接的な要因と言われ、米国経済指標の内容が悪かった場合は、カナダ/円がつられて下落したりもします。もちろん、カナダドル/円も同様に夜中に値動きが激しくなります。さらに、カナダドルの流動性は低いので、サプライズな材料が出ると値動きが激しくなります。経済指標や金利動向の発表時には注意が必要でしょう。