FX取引通貨の特徴

FX比較-TOP >> FX取引通貨の特徴-オーストラリアドル(AUD)

FX取引通貨、オーストラリアドルの特徴

オーストラリアドル特徴

オーストラリア連邦
(Commonwealth of Australia)

オーストラリア面積面積:約768.6万K㎡
オーストラリア人口人口:約2億1,293万人(2007/7推計)
オーストラリア首都首都:キャンベラ (Canberra)
オーストラリア主要産業主要産業:不動産、流通、保険、建築、通信、金融
オーストラリアGDPGDP(国内総生産):1兆0,106億ドル (2008年)
オーストラリア通貨単位通貨単位:オーストラリアドル、AU Dollar (AUD)

資源溢れるオーストラリア!人気通貨その理由とは?

オーストラリアは、かつてイギリスの植民地であったが、今現在は英国に従属しない独立国家の一国である。日本はオーストラリアの主要な貿易国として強いパートナーである為、外交や経済の面においても2カ国間の繋がりは強い。
日本だけではなく、アジア太平洋地区との経済的な繋がりも強く、中国やアセアン諸国連合の経済成長と共に、急激な伸びを維持している。
さらに日本においては、その親しみやすさや、オーストラリアドルの政策金利の高さ故に、好んで取引を行うトレーダーも多い通貨である。

豪ドルは、価格変動が激しい高金利通貨!?

オーストラリアの経済規模は、カナダの約半分ぐらいで、通貨の流通量もあまり多いとはいえない。そのため、小さい規模での債権発行であっても、為替レートが変動する特徴をもっている。

豪ドルは題名のとおり高金利な通貨である為、世界の投資家からの人気が高い。しかし、政策金利が引き下がる事があった場合には、レートが急降下する要因になる。
高金利通貨にはメリットもたくさんあるが、FX初心者の方には少々危険な通貨である事は間違いございません。FXになれてきた頃が一番損をしやすい時期だと思いますが、自信のある方はチャレンジしてみても良いかと思います。しかし、ユーロやポンドと同じく個人投資家の方にはリスクが大きいため、ロスカットされてしまう可能性もあるので、注意が必要です。